海外クラウド・SaaSの導入支援サービス クラレボ ロゴ

ECサイトの集客に欠かせないSEO対策のコツとおすすめツール5選

ECサイトの集客に欠かせないSEO対策のコツとおすすめツール5選

1 minute read

今回は、ECサイトのSEO対策について、成功のコツとおすすめのツールを紹介していきます。

ECサイトの運営で、大きな壁になるのが「集客」です。2022年現在、日本語圏のWEBサイトは9100万近くあると推計されています。この膨大なネットの海から、お客様に、自社のサイトを見つけて頂くためには、相応の施策が必要になります。

そこで今回は、ECサイトの集客に欠かせない基本となる、「SEO対策」について、そのコツとおすすめのツールをご紹介していきます。

ECサイトの集客に欠かせない「SEO対策」とは

SEO対策とは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで、自社のECサイトを見つけやすくする施策です。

検索エンジンは、たくさんのWEBサイトの情報を持っており、一つ一つのサイトやページに評価を付けています。そして、ユーザーの入力した検索語(キーワード)に対して、それと合致する、評価の高いページを検索結果に順番に表示します。

この順番のことを「検索順位」と呼びます。

たとえば、今ご覧になっているこのページであれば、「ECサイト」というキーワードに対する評価、「集客」というキーワードに対する評価、「SEO対策」というキーワードに対する評価は、それぞれ異なります。そのため、たとえば「ECサイト」で検索した時と、「集客」で検索した時とで、検索順位が異なることになります。

いずれにしても、まずはSEO対策とは、「GoogleやYahooなどで、お客様に自社のサイトを見つけてもらいやすくする施策」だと理解して良いでしょう。

SEO対策の3つのステップ

それでは、実際にどうやってSEO対策を施せば良いのでしょうか。

SEO対策は、3つのステップにわけて考えることができます。

1:現状分析

2:市場調査

3:施策の実施

それぞれのステップについて、簡単に解説していきます。

1:現状分析

まずは、現在の状況を知ることが大切です。

・自社のECサイトは、どんなキーワードで検索順位が高くなっているのか

・検索エンジンを通して、どのくらいの集客ができているのか

といったことを把握していく必要があります。

2:市場調査

次に重要なのが、市場調査です。

・自社のお客様になってくれそうな人は、どんなキーワードで検索しているのか

・競合のECサイトは、どのようなキーワードからアクセスされているのか

といったことを調査します。

3:施策の実施

最後に、施策の実施です。ここまでの分析と調査をもとに、どのような施策を施せば、検索エンジンで上位が達成できるのか、集客アップや売上アップにつながるのかを立案し、SEO対策を具体的に実施していきます。

もっとも基本になるのは、サイト内のコンテンツを充実させることです。

たとえばファッションブランドのECサイトで、競合が「メンズパーカー」で検索上位を達成しており、自社はそのキーワードで順位が低く、競争に負けているとわかったとしましょう。

その場合、「メンズパーカー」に関するコンテンツを充実させることで、検索エンジンから「このサイトはメンズパーカーについて詳しい情報が載っている」と高く評価され、検索上位を達成できるようになります。

このように、コンテンツを主軸に考えることが、現在のSEOの主流になります。もちろん、ただコンテンツをたくさん作れば良いのではなく、人に役立つ情報を掲載していくことが最も大切です。

どの段階でも、ツール活用が必須

さて、こうした分析・調査・そして実施には、いずれも対応するツールが必要になります。ツールがなければ、分析も調査もできず、適切なSEO対策を実施することもできません。

ECサイトのSEO対策のコツ

ECサイトの場合、SEO対策にもコツが必要になります。

まず、「メインとなる商品ページや商品カテゴリページ等が、SEO対策を施すのに、あまり向いていない」という特徴があります。SEO対策は競合との差別化が重要になりますが、競合が同じ商品を扱っていた場合、商品名や商品の仕様といった情報では、違いを出すことはできません。

また、コンテンツを充実させることがSEO対策の基本になりますが、商品ページに、あまりたくさんの画像や文章、動画などを並べることは、通常は難しくなります。また、無理にコンテンツを詰め込み過ぎて、縦長のページになってしまっても、かえってユーザーの利便性を悪化させてしまいます。

ECサイトのSEO対策は、「サイト全体の評価」で考えるのがコツ

そのためECサイトのSEO対策は、「サイト全体の評価を高める」方針で考えることがコツになります。検索結果画面に表示されるのは個別のページになりますが、その検索順位を決める評価は、ページごとにバラバラではありません。まず「サイト自体の評価」があり、それに応じてページごとの評価が決まっていく仕組みになっています。そのため、サイト自体の評価を高めることで、ひとつひとつのページの評価も高め、検索順位を上げていくことが可能です。

ECサイト全体の評価を高めるために、「SEO対策用のブログ」を運営する

そこでオススメの方法は、ECサイト全体の評価を高めるために、SEO対策用のブログを運営することです。ECサイト内にブログを設置し、そこでコンテンツを充実させていくことで、サイト全体の評価を高めることができます。

サイト全体の評価が高まれば、商品ページの評価も自然と高まり、検索結果に表示されやすくなります。

実際にこの「クラレボ」サイトも、SEO対策はお読みのブログで行っていますが、その結果として海外クラウドサービスの各種ページが検索上位に表示されやすくなっています。

ECサイトのSEO集客におすすめのツール5選

それでは次に、ECサイトのSEO集客におすすめのツールを5つご紹介します。それぞれのツールが、どのプロセスで、どのように活用できるのかも、併せてご紹介していきます。

1:Googleサーチコンソール

Googleの提供する、無料で利用できる公式のSEO対策ツールです。

自社サイトの正確な検索順位を把握したり、どんなキーワードからアクセスされているかを調べることができます。また、検索エンジンに自社サイトの更新情報を通知するなど、公式ツールならではの機能もあります。

もっとも基本となるツールであり、セットアップも簡単なため、必ず自社サイトを登録しておきましょう。

⇒【Googleサーチコンソール】

2:Googleアナリティクス

こちらもGoogle公式の無料ツールです。無料ではありますが、SEO対策に限らず、WEBマーケティング全般に強力な機能を備えている、プロ仕様のツールとなります。万全に使いこなすには、高度なスキルやノウハウが必要になりますが、かんたんなアクセス分析であれば、特別な学習をしなくても行えます。

こちらも登録しておいて損はないため、できれば登録しておくと良いでしょう。

⇒【Googleアナリティクス】

3:Ubersuggest(ウーバーサジェスト)

Ubersuggestは、キーワード分析やランキング調査など、現状分析や競合調査に役立つ機能を備えたツールです。たとえば、意図したキーワードの「関連キーワード」を調べたり、そのキーワードで検索する人がどのくらいいるか(検索ボリューム)を調査することが可能です。

有料プランに登録すれば、自社サイトの自動的な分析や、どんなキーワードで検索上位を狙えば良いかなど、施策の立案にも役立つ機能が利用できます。

⇒【Ubersuggest】

4:SEMrush(エスイーエムラッシュ)

SEMrushは、SEO対策やWEBマーケティングの総合ツールです。自社サイトの分析だけでなく、競合サイトのSEO分析も行える、強力なツールになります。競合サイト分析ができるツールは限られているため、より本格的な集客のためには、ぜひとも導入しておきたいツールの一つとなります。

また、広告出稿の効果測定や、コンテンツマーケティング、SEOキーワード選定など、これまでご紹介したツールのほとんどの機能を持ち合わせています。

《関連記事》

⇒【海外SaaSレビュー】SEOツール「SEMrush(エスイーエムラッシュ)」をGoogleアナリティクスと徹底比較

5:Drop in Blog(ドロップインブログ)

Drop in Blogは、SEO対策の実施に役立つブログツールです。簡単なセットアップで、本格的なブログを様々なECサイトに実装し、運用することができます。今ご覧頂いているこのブログも、Drop in Blogで作成しています。

SEO対策の基本は、狙ったキーワードに対応するコンテンツを充実させることです。しかし、サイトの構成によっては、それほどたくさんのコンテンツを掲載できない場合も多いでしょう。たとえば、ECサイトの商品ページに、長々とした文章を掲載することは、デザインやレイアウトの関係で難しいことが通常です。

そこで、たとえばECサイトにDrop In Blogを組み込み、ショップブログを開設します。ショップブログ内でコンテンツを充実させ、そこでSEO対策を行えば、商品ページやカテゴリページの設計を崩さずに、集客を増やすことが可能になります。

⇒【Drop In Blog】

まとめ:SEO対策はツールが重要!

今回は、SEO対策の基本、ECサイトのSEO対策のコツ、そして役立つツールについてご紹介しました。簡単な解説となりましたが、大まかなイメージの把握にお役に立てたでしょうか。

SEO対策はツールが重要になります。ツールを導入したら自動的にSEO対策が完了し、検索上位に表示されるものではありません。ツールを導入し、しっかりと活用することも大切になります。その上で、どんなツールを導入するかにより、できることも、解決できる課題も異なります。自社にとって必要なSEOツールは何か、必要な施策は何かをしっかりと検討していくことが、まずは欠かせない第一歩になるでしょう。

« Back to Blog