海外クラウド・SaaSの導入支援サービス クラレボ ロゴ

Shopifyにも導入可能なチャットボットPureChat(ピュアチャット)の概要レビュー

Shopifyにも導入可能なチャットボットPureChat(ピュアチャット)の概要レビュー

Sakurabookサポート Sakurabookサポート
1 minute read

ECサイトや自社サイトにチャットボット機能を取りいれることで、広告や検索エンジンからのサイト訪問者に効果的にチャット接客を展開する企業は年々増えています。

チャットボットの導入は、サイト訪問者のエンゲージメントを高め、売上向上や顧客のエンゲージメントを高めることが可能なため、注目されているマーケティング手法の一つです。

簡単に導入ができるチャットボットをお探しでしたら、PureChat(ピュアチャット)を検討してみてはいかがでしょうか。

コンテンツマネジメントシステム(CMS)とプラグインを図ることができるため、既存のWEBサイトに簡単に追加することが可能です。

今回は、PureChatの特徴やメリット・デメリット、導入事例を紹介します。

PureChat(ピュアチャット)とは?

PureChatとは、WEBサイトからの顧客の問い合わせへの対応、WEBサイト上でのマーケティング活動に使用できるチャットボットです。

複雑なプログラミングなしでも簡単にセットアップができ、モバイルアプリサービスもあることから、少人数で事業を運営するビジネスに有り難いサービスです。

プログラミングの知識不要で導入できる

PureChatのセットアップには、複雑なプログラミング、コーディングといった作業が必要とされないため、プログラミング経験がない方でも直感的な操作で導入・運用をすることができます。

信頼性の高い運用機能

WEBサイトのリアルタイムの訪問者とコンタクト履歴分析を通じて、チャットボットを通じた顧客とのコミュニケーションを改善し、顧客エンゲージメントの向上を図ることができます。

WordpressやShopifyにも対応

国内で使用されている、WordPressやShoifyといったコンテンツマネジメントシステムとプラグインができるため、既存のWEBサイトやECサイトにも簡単に追加、更にWEBサイトのブランドイメージに合わせてカスタマイズも行うことができます。

PureChatに適した業種やビジネス

PureChatは、WEBサイトを通じて顧客のエンゲージメント向上、売上向上を図りたい全ての事業モデルに適したサービスです。

顧客の商品やサービス売買が生じるECサイトはもちろんのこと、スクールや教育期間、コーポレイトサイト、期間限定のキャンペーンサイトなどでもご利用いただけます。

PureChatのメリットデメリット

PureChatにはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

PureChatのメリット1 管理用モバイルアプリがある

PureChatには、アンドロイドのアプリケーションが用意されています。

PCの前に座り、常にサイト訪問者の動向や会話を確認しなくとも、アプリがサイト訪問者からの問い合わせの通知を知らせてくれます。

事業規模が小さいため、十分な人員がさけない企業での利用には適しています。

PureChatのメリット2 履歴の保存が無制限

PureChatでは、サイト訪問者との会話履歴を無制限に保存することができます。

何度もサイトを訪問しているリピーター顧客への対応の際に、過去の会話履歴を参照して対応することができるため、精度の高い応答により、顧客のロイヤリティ向上などにつなげることができます。

PureChatのメリット3 カスタマイズ機能

チャットボットのアイコンやカラーなどをカスタマイズすることができるため、自社のブランドイメージやECサイトのカラーに合わせたセットアップが可能です。

PureChatのデメリット1 機能は必要最低限

PurreChatは非常にシンプルな作りのため、人工知能等の高度な機能は兼ね備えていません。しかし、実際にECサイトや企業WEBサイトでチャットボットを使用する場面では、高性能な機能が必要とされる場面は限られているため、人口知能等の機能が必要とされる機会は多くありません。

PureChatのデメリット2 Growthプランで使用できる機能は限られる

PureChatには2つのプランが用意されていますが、価格を抑えて利用できるGrowthプランでは、1サイトのみでしか対応できません。

複数サイトで使用したい際は、Proプランの利用が必要ですが、国内で他に展開されているチャットボットサービスと比較をしてもProサービスの価格よりも抑えた価格設定になっておりますので、コストインパクトを抑えて導入が可能です。

PureChatのデメリット3 管理画面は英語のみ

PureChatは日本語化がされていないため、英語画面を見て運用することが必要となります。

一見、非常に操作が難しいように感じるかと思いますが、直感的に使用できるUIとなっているため、英語画面でも簡単に使用することができます。

PureChatと他社チャットボットの比較

国内、海外含め多くのチャットボットがありますが、PureChatは他社と比較をしてどのような特徴があるのでしょうか。

下図は、国内のチャットボットサービスとPureChatの比較ですが、他社と比較をしても抑えた価格設定、必要な機能を絞った使いやすいチャットボットであることが分かります。

BOTCHAN KUZEN ChatBook PureChat
概要 成果報酬型且つ、チャットボット内で決済までを完了できるチャットボット。 問い合わせ型、マーケティング支援両方が可能なチャットボット。 問い合わせとマーケティングの両機能を搭載したチャットボット。 価格を抑え、機能を最小限に抑えたチャットボット
問い合わせ型
CRM
価格

成果報酬

20万円〜 10万円〜 4,000円〜
AIの搭載

プラン次第

× ×
サポート体制 カスタマーサクセスによるサポート有 カスタマーサクセスによるサポート有 カスタマーサクセスによるサポート有 テクニカルサポート有
備考 CVR130%改善の実績有 プログラミングの必要無し 複数SNSとの連携が可能 プログラミングの必要無し

PureChatの導入費用

PureChatには2つのプランがありますが、特徴は30日間は無料で使用できる点です。

まずは、30日の無料プランで使い勝手を確認し、自社のビジネスに合ったプランを選択することをおすすめします。

Growth プラン

先述の通り、使用できるWEBサイトは1つに絞られている点から、小規模ビジネスでのご利用に適しています。

プラン詳細

使用できるWEBサイトは1つに絞られる

使用できるユーザー・オペレータ数は4名まで

SMSでお知らせできるアラート数は100まで

契約金額

年間契約:39ドル(4,000円強)/月

月額契約:49ドル(5,000円強)/月

Pro プラン

複数のWEBサイトで使用できることから、複数サービスを展開するビジネスに適しています。

プラン詳細

使用できるWEBサイトは無制限

使用できるユーザー・オペレーター数は10名まで

SMSでお知らせできるアラートは1,000まで

契約金額

年間契約:79ドル(8,000円強)/月

月額契約:99ドル(10,000円強)/月

PureChatは日本でも導入可能?

管理画面は英語のみですが、お客様からの日本語での問い合わせには対応が可能なため、日本のビジネスでの利用は可能です。

PureChatの口コミ・導入事例

PureChatは価格を抑えて導入がしやすいチャットボットとしてご紹介してきましたが、実際のお客様からはどのようなコメントが寄せられているのでしょうか。

口コミ1 リアルタイム分析が可能

リアルタイムでウェブサイト上の顧客訪問数などを確認できるため、キャンペーン行った日と行わなかった日の比較をすることができ、マーケティングキャンペーンのインパクトを計測することができます。

口コミ2 顧客満足度が向上

PureChatをインストールしてから、WEBサイトの満足度が向上しました。

サイト訪問者からは、簡単に質問等をできるため、インストールの前よりも使いやすくなったというコメントをただいています。

口コミ3 外部サービスとの連携ができるため、使いやすい

Wordpress、Shopifyをはじめとして、SaaSプロダクト等との連携もできるため、既存ビジネスに組み込むことができ、使いやすい。

まとめ

PureChatは、コストを抑えて利用ができ、プログラミングなしで簡単にセットアップできるチャットボットです。

国内で人気があるWordpressやShopifyにプラグインできるため、既存で構築しているサイトへのインストールができることも有り難い特徴の一つです。

更に、リアルタイムのサイト訪問者分析等も可能なことからマーケティングやWEBサイトを通じた見込み顧客獲得にも効果的に利用いただけます。

WEBサイトを通じてマーケティング活動や営業活動を行いたいが、十分な人的リソースを割くことができない方には利用しやすいチャットボットですので、是非ご検討ください。

« Back to Blog