海外クラウド・SaaSの導入支援サービス クラレボ ロゴ

オンライン配信サービスUscreen(ユースクリーン)とは?使い方や費用と比較まとめ

オンライン配信サービスUscreen(ユースクリーン)とは?使い方や費用と比較まとめ

Sakurabookサポート Sakurabookサポート
1 minute read

最近では、定額料金を支払うことによって様々なサービスを受けることができる「サブスクリプション」が流行しています。その中でも特に、Amazonプライムやネットフリックス、Huluなどの動画配信サービスが人気です。

こうした流れの中で、動画を用いたサービスの提供を検討しているという企業も少なくありません。

そこで今回は、動画配信事業の展開を検討する事業者の皆さんにオススメのツール、「Uscreen(ユースクリーン)」について紹介していきます。

Uscreen(ユースクリーン)とは

Uscreenとは、Amazonプライムやネットフリックスのようなサブスクリプション型動画配信サービスを、自分自身で作ることができるサービスです。

例えば、プログラミングスクールや動画編集講座、語学講座、各種レッスンなど、スキルやノウハウを動画で配信して、ユーザーが毎月一定の料金を支払うことによって閲覧できるサービスを、特別な知識不要で制作し、展開できます。

サブスクリプション以外にも、動画を買い切りにしたり、レンタルさせる方法も選ぶことが可能。

自社で動画配信サイトを運営することが可能になります。

Uscreenの機能

Uscreenは動画配信サービス以外の機能も充実しています。

まず始めに、ライブストリーミング機能が搭載されています。そのため、生放送のライブ配信などを行うことも可能です。

また、動画を配信した後にどのような動画がユーザーに好まれているのか、といった分析機能もあるため、マーケティング分析にも役立つでしょう。

サイトデザインのカスタマイズも可能で、スマホでも使えるアプリケーションの作成もできます。

オンライン決済機能なども初期の段階から導入されており、セキュリティも万全です。

動画配信事業の展開に必要な機能が全て導入されているので、他のツールを併用して使う必要がありません。

Uscreenの用途や活用方法

Uscreenを企業で使う際には主に2つの方法で活用することができます。

・情報発信

先ほども述べたように、自社でスキルやノウハウを習得する動画を発信し、ユーザーに価値提供をおこなうことができます。オンラインセミナーなどと組み合わせたりもできるので、非常に便利です。

・研修動画

新人研修などは講師が実際に講義をおこなう方法が一般的ですが、最近ではオンラインもしくはeラーニングなどの学習形式を利用している企業も多くなってきています。

Uscreenを用いることで、こうした新入社員に向けて独自の研修動画を作成することが可能です。そのため、研修業務も効率的に行えるようになるでしょう。

Uscreenのメリットとデメリット

Uscreenのメリットとデメリットについて紹介します。

Uscreenのメリット1:管理画面や操作方法がシンプル

Uscreenは管理画面や操作方法ががシンプルな構造となっています。

スマートフォンアプリのように直感で操作できるので、今まで動画配信事業に携わったことのない企業でも、簡単に取り扱うことができます。

Uscreenのメリット2:アプリにすることができる

自社で作った動画配信サイトを、スマートフォンアプリにすることも可能です。

サイトのみであれば、ブラウザを閉じると消えてしまいます。

しかしアプリにすることによって、自社の配信サイトを気に入ってくれたユーザーがアプリをダウンロード。

ダウンロードしてもらうことで、リピート率を格段に増やすことができるのです。

Uscreenのメリット3:購入方法を選ぶことが可能

Uscreenには「サブスクリプション」、「レンタル」、「買い切り」の3つの購入方法を選択することができます。

そのため、たとえばマーケティング分析機能でどれが一番売れやすいのかを分析し、ユーザーにとって一番最適で有効な購入方法を選択する等、効果的な運用が可能となります。

Uscreenのデメリット1:日本語対応がされていない

Uscreenはアメリカで作られたツールのため、管理画面などが日本語に対応していません。

しかし、Google上で日本語に翻訳することができるので、英語がわからない人にとっても使用することができます。

また、サービス展開そのものは日本語でも可能なため、日本語圏での事業展開に支障はありません。

Uscreenのデメリット2:WEBの専門用語が使われている

Uscreenを使用していくと、WEBの専門用語を何度か見かけることがあります。

WEBに関するリテラシーがある人であれば問題ありませんが、そうでない場合には調べながら操作していく必要があります。とはいえ、調べれば誰でもすぐに理解できる用語ばかりです。最初は戸惑うことはあっても、すぐに使いこなせるようになるでしょう。

Uscreenの導入費用

Uscreenの導入費用とプランは以下の通りです。

Basic 49$/月
Amplify 399$/月
Enterprise ※Ask(要問い合わせ)

             

導入初期であれば、Basicプランで問題ありません。

毎月49$で使用することができるので、他のツールと比べてもコストパフォーマンスも優れています。

Enterpriseプランに関しては、大規模な企業専用のプランです。

こちらを利用する場合は、カスタマーサポートに連絡しましょう。

Uscreenと他社サービスとの比較

Uscreenと他社のサービスを比較してみましょう。 

サービス名

費用

特徴

Uscreen

Basic             49$/月

Amplify     399$/月

Enterprise    カスタマーサポート

・動画配信サイトをアプリ化

・格安の利用料金

・3種類からの購入方法

クラストリーム

ライト                     5万5,000円 

スタンダード         11万円 

エンタープライズ  16万5,000円

・3000時間の動画保存

・2倍速で録画映像の視聴可能 

・たったの5分で動画配信   サービスを開始

millvi 

お問い合わせにて要相談

・700社以上の導入実績

・高品質、高機能、高セキュ リティ 

・動画配信のノウハウ提供

Jストリーム

お問い合わせにて要相談

・国内2700以上のアカウント

・アクセス集中による緩和

・高度なセキュリティ

各社様々な特徴がありますが、コストや機能面を考えると、「これから動画配信事業に新規参入する」という企業にとって、もっともハードルが低いのがUscreenだと言えるでしょう。

Uscreenは日本企業でも導入可能?

Uscreenは、日本企業でも導入は可能です。

表記は英語になっていますが、先ほども述べたように、Googleで日本語に翻訳することができます。

そのため、日本でも問題なく使用できます。

Uscreenの口コミ

Uscreenを実際に使用してみた人の口コミを紹介します。

最高のツールです|Sherryさん

 私は2004年からヨガビデオを制作しており、長年にわたってさまざまなビデオストリーミングプラットフォームを使用してきました。uScreenは、顧客志向であるため、これまでで最高のテクノロジーソリューションです。その公正で合理的な収益モデルにより、私は夢にも思わなかったWebアプリとTVアプリの両方でビデオを提供することができました。ビデオをストリーミングして収益を上げたいと考えている人のために、uScreenにはすべてが揃っています!

進化に驚きです|Jessさん

私はしばらくの間UScreenをフォローしていますが、その進化は驚くべきものです。これは私が今まで受けたサポートです。チーム全体が迅速に回答し、毎月新機能が導入されているのを見るのは本当にうれしいです。私の知る限り、これは最高のプラットフォームであり、適正な価格です。

分析ツールも素晴らしい|Stefanosさん

 UScreenは、堅牢なビデオホスティング機能とマーケティングおよびビデオプロモーションおよび分析ツールを組み合わせた統合ビデオ管理プラットフォームです。これにより、販売やマーケティングを行うという重いタスクがなくなり、専門家はコアアクティビティに集中できます。UScreenを使用すると、非常に高品質のコンテンツを作成して、モバイルアプリやオーバーザトップ(OTT)ビデオプラットフォームなどの多数のマーケットプレイスに販売できます。

まとめ

今回はオンライン配信サービスUscreenについて紹介しました。

Uscreenは機能も非常に充実しており、破格の値段で動画配信サービスをおこなうことができます。

個人や企業でセミナーやノウハウ動画を配信していきたいということであれば一度Uscreenの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

« Back to Blog